リサーチ・グループ

プロジェクト概要

本リサーチ・グループ(正式名称:多文化的背景を持つ児童生徒教育のための研究グループ)は、現代日本社会における喫緊の課題である、多文化共生社会にむけての今後の社会作りについて、つくば市を中心とした、地域社会の内包する現代的諸問題に関するデータ収集および分析を通して、多角的に深く考察し、今後の問題解決へ向けて、社会に対する提言を行うことを目的としています。

具体的には、つくば市や近隣の小中学校、高等学校等の教育現場、保育園等を調査研究対象として、その現状を把握し、外国人児童生徒に関する諸問題、日本語教育と国語教育の連携、世界の言語教育などについて、日本語教育学、国語教育学、数学教育学、理科教育学、社会科教育学、言語人類学、国際教育学、教育社会学、国際政治経済学等の学際的な視野から複合的に議論を深め、今後の問題解決へ向けて、社会に対する実効的な提言を行います。

これにより、隣接諸領域との学際的研究、具体的には、日本語教育学と教科教育学、言語人類学、教育学、社会学、国際政治経済学等の視点の融合が実現できると考えられます。

グループメンバー

松崎 寛(代表)
所属

筑波大学人文社会系

専門

日本語教育学、音声学

TRIOS

より楽しく、効果的に日本語を学習するための方法論を、日々追究しています。

明石 純一
所属

筑波大学人文社会系

専門

国際政治経済学、移民研究

TRIOS

人の越境により多様性を増す社会に必要な政策・法制度について勉強中です。

井出 里咲子
所属

筑波大学人文社会系、CEGLOC

専門

言語人類学、社会言語学、語用論

TRIOS

保育園をフィールドに、ことばとコミュニケーションの公共性の実践を考えます。

井上 里鶴
所属

つくばにほんごサポート

専門

日本語教育、サービス・ラーニング

地域に根ざした日本語教育をモットーにしています。未来を作る子どもたちと一緒にがんばります!

入山 美保
所属

筑波大学人文社会系

専門

日本語教育学

TRIOS

中央アジアにおける日本語教育と非母語話者教師養成に関心を持っています。

長田 友紀
所属

筑波大学人間系

専門

国語教育、言語教育学

TRIOS

日本の国語教育研究や途上国の母語教育支援などをおこなっています。

唐木 清志
所属

筑波大学人間系

専門

社会科教育学、公民教育論、シティズンシップ教育研究

TRIOS

子どもたちの社会参加を支援できるよう、学校や授業はどう変わるべきか、いつも考えています。

菊地 かおり
所属

筑波大学人間系教育学域

専門

比較・国際教育学

TRIOS

ニーズのある子どもたちへの支援が、すべての子どもを支えるものとなるように。

Kuanysh Tastanbekova
所属

筑波大学人間系

専門

比較・国際教育学、言語教育政策研究、中央アジア諸国教育制度・政策研究

TRIOS

外国籍児童の母親と言語教育政策研究者としてお役に立ちたいです。

澤田 浩子
所属

筑波大学人文社会系

専門

日本語学、日本語教育

TRIOS

地域社会における暮らしの中でことばの特質を捉える研究を目指しています。

德永 智子
所属

筑波大学人間系教育学域

専門

教育社会学、教育人類学

TRIOS

多様な文化が混ざり合い、一人ひとりに居場所がある社会を共に作りましょう。

許 明子
所属

名古屋大学国際機構国際言語センター

専門

日本語教育学、コミュニケーション論

私達の社会は人も言葉も仕事も考え方も様々。その多様性が私達を豊かにしてくれます。

蒔苗 直道
所属

筑波大学人間系

専門

数学教育学

TRIOS

算数・数学には,言語によって理解の仕方や考え方が変わるものがあります.日本語で勉強する際の支援ができればと思います.

山本 容子
所属

筑波大学人間系

専門

理科教育学、環境教育論

TRIOS

理科学習と日本語の学習が相互に関連しながら促進されるような、子どもの好奇心と探究心を高める学習のあり方を探っていきたいと思います。

米田 宏樹
所属

筑波大学人間系

専門

特別支援教育学、知的障害教育・福祉史、インクルーシブ教育

TRIOS

特別な教育的ニーズのある子どもたちに対する支援をシステムと教育実践の両方から考えていきます。